当院のケアプランは集中期・回復期・予防期の三段階によって分けられます。

症状の改善だけでなく、神経機能の回復を目的が最大限の目的です。

そして病気ならない身体づくりを目標として予防のためにサブラクセイション(神経圧迫)のない体内環境を維持する事が健康にとってとても大切な事です。

①集中期(症状の改善)

症状を抱えるほとんどの患者様はここから始まります。

症状があるうちは神経が安定するまで集中的にアジャストメント(施術)を受けて頂いた方がその効果をより期待できる期間になります。

多くの患者様は1回/週のアジャストメント(施術)を約1か月間~3か月で症状の軽減または改善を実感して頂いております。

急性なのか慢性なのか、性別、生活習慣、職業などの要因から個人差はあります。

慢性的であればあるほど症状の改善までには期間や回数が必要になってくる場合もあります。

②回復期(神経圧迫の改善)

症状が無くなったから健康的であるというのは大きな間違いです。

症状はなくなってもサブラクセイション(神経圧迫)はまだ続いている可能性があります。

もしサブラクセイション(神経圧迫)が残った状態でまた同じリズムで生活をしていると症状が再発する可能性は非常に高い事でしょう。

ここではサブラクセイション(神経圧迫)に対する根本的な改善を目的とします。

脊椎の状態などで個人差がありますが、10日に1回、2週間に1回と徐々に期間を延ばしながら数か月のアジャストメント(施術)で回復傾向に向かう方が多いです。

③予防期(メンテナンス)

ここにくると症状やサブラクセイション(神経圧迫)の兆候は見られません。

病気の予防・メンテナンスでカイロプラクティックに訪れる事が健康にとって一番の理想となります。

この段階になると健康維持のために月1回のメンテナンスで来院される方が多いです。

細胞の再生と更新

また人体は「損傷した組織の再生」と「細胞の更新(入れ替わり)」に時間を要します。

サブラクセイション(神経圧迫)によって損傷した神経の再生速度は0.3~1㎜/日と言われています。

つまり神経の回復にも時間を要しますし、症状の緩和にもそれなりに時間がかかってくるという事です。

ただしぎっくり腰など急性の場合は1回のアジャストメント(施術)で、炎症が収まり劇的に変化を感じられることもあります。

また人間は60兆個の細胞によって構成されていると考えられますが、約1兆個/1日の細胞を入れ替えていると言われています。

全身の細胞は約2ヵ月かけて概ねの細胞が新しい細胞へと入れ替われる計算となります。

ただし生涯で更新しない細胞や、もっと期間を要する器官もあります。さらに人間を構成している細胞は約250種類あり、その再生速度は組織や器官によって異なってきます。

更新が早い細胞
角膜、表皮、造血組織、リンパ組織、消化器系上皮組織、精巣上皮など
更新がやや遅い細胞
呼吸器上皮、尿細管上皮、肝細胞、膵臓の細胞、結合組織細胞、胃の壁細胞、副腎皮質細胞など
一生に一部しか更新されない細胞
平滑筋細胞、脳神経膠細胞、骨芽細胞、副腎髄質細胞、褐色脂肪細胞など
一生更新されない細胞
神経細胞、心筋細胞、セルトリ細胞など
各組織の細胞の更新に要する期間
脳・神経約40%は約1か月
遅い細胞は約1年
幼児期:約1年半
成長期:約2年未満
成人:約2年半
高齢者:約3年
胃の粘膜約3日間
腸の微絨毛約1日
腎臓約90%は約1か月
遅い細胞は約1年
筋肉約60%は約1か月
遅い細胞は約200日程度
表皮(肌)10代:約20日周期
20代:約28日周期
30代:約40日周期
40代:約55日周期
50代:約75日周期
60代:約100日周期
皮膚(表皮の下の層)約1~3か月
血液約100~120日